名古屋で相続に関する相談なら 東名経営税理士法人 | 東名行政書士法人

MENU

死後事務委任契約書作成支援

  • 身寄りのない方
  • 遺族に迷惑をかけたくない方
  • 自分の葬儀に要望のある方
  • 老夫婦のみで暮らしている方

「死後事務委任契約書」とは?

ご自身の死後の手続きは、相続だけに限ったことではありません。死亡に伴い下記のような煩雑な事務手続きが発生し、 ご親族の方々は悲しむ暇もなく申請、連絡、解約などに時間と労力を費やします。
その負担をなくすため、生前に多岐にわたる死後事務を 専門家へ依頼しておく契約が「死後事務委任契約」です。

任意後見契約のしくみ

◼病院・施設など

生前に発生した未払金精算。※入院費、施設利用料など

◼役所・公共サービスなど

  • ◎納税通知書の送付先住所変更などの手続きおよび精算。 ※住民税、固定資産税、自動車税など
  • ◎行政(市町村役場など)、各種機関(年金事務所、保険会社、金融機関など)への届出、
    返還および還付手続き並びに返金があった場合の受け取り。
  • ◎葬祭費、高額介護合算療養費[高額医療合算介護(予防)サービス費]の支給申請および受け取り。
  • ◎公共サービスの解約手続きおよび精算。※固定電話、ガス、電気、水道など

◼葬儀・遺品整理など

  • ◎お葬式全般に関する手続きおよび清算。※葬儀、火葬、埋葬、納骨、永代供養など
  • ◎遺品整理、整理業者手配(処分含む)および精算。

◼各種契約先など

  • ◎生前居住していたご自宅の解約手続きおよび引渡しまでの管理。
  • ◎DM、クレジットカード、携帯電話、インターネット、互助会などの解約手続き、精算および返戻金の受け取り。

◼その他

◎相続人および利害関係人などへの遺品および相続財産の引渡し。……など

弊社にお任せいただくメリット

任意後見契約書の起案、公証人との打合せ代行、
必要書類の収集をお手伝いします。
多数の受任実績とノウハウがあるため、質の高い援助が可能です。

無料相談受付中! まずはお気軽にご連絡ください。